FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZBrush勉強中3

最近暇があればZBrushを触っているのですが、やはり楽しいですね。
3Dモデリングと違って粘土をこねているよな感覚で作ることが出来るので、より直感的に自分のイメージしている物を表現しやすいです。

ZBrushだけではなく3Dモデリングも上手くならないといけないんですけどね・・・。
さて、今回も新しく女の子をスカルプトしてみました。

ZBrush_rocker_gural_0321

今までずっと髪の毛を作らないままだったので、今回は髪の毛を作りました。
髪型は作りながら決めていったのですが結構大変ですね・・・。
髪の流れをもっと勉強しなければ。

ZBrushを触りたての頃と比べて少しは上達していればいいのですが、まだまだ課題がありますね。
とにかく数をこなさなければ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

うーむ……。
充分上手いとは思うのですが、いまだに萌え路線のローポリが強い日本では、このリアル調のモデルに需要があるんでしょうか?
私の引き出しだと、『デッドライジング』とか洋ゲー風のゲームとかしか使い道が見出せないですね。
というか、スカルプトってゲーム素材として使えるんでしょうか?

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。
確かにリアル調のモデルは萌え調のモデルと比べると需要は低いかもしれません。
しかし、リアル調ではないデフォルメされたモデルでも服のシワや質感表現にスカルプトが用いられる事は多々あります。
ZBrushは他の3Dソフトと連携しやすいため映像は勿論、ゲーム素材としても使われています。
具体的にはZBrushでスカルプトしたハイモデルを法線マップで出力し、ローポリモデルに焼き付けるという方法です。
これにより、ローポリモデルでもハイクオリティな表現が可能になります。
現行機のPS3やXbox360で発売されている日本のゲームでもスカルプトを使用しているものが多いですよ。
プロフィール

ちり

Author:ちり
日々3D製作に勤しむちりと申します。
3Dモデラー目指して奮闘中。

リクエストやお仕事など幅広く募集中です。
下記のメールフォームからお気軽に連絡してください!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
「四畳半神話大系」公式サイト
ブロとも一覧

Silver†Gear
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。